カフェコーナー

もともとリビングだった部屋を改装してできたカフェコーナー。今では珍しい壁一面の掃出し窓があり、そこから緑あふれる中庭と明るい光が差し込みます。三方の壁には手作りの棚が設置され様々なジャンルの本がディスプレイされています。
本屋の落ち着いた雰囲気が大好きな店主は、カフェコーナーを本屋のようにしたいと思いました。
木の家具に囲われているのでほのかに木の香りがします。

Half image
Half image

椅子

日本が誇る名作椅子「マルニ木工 オークフレームチェア」。1960年代に制作された名作椅子「宮島」を、デザイナーであるナガオカケンメイが現代にリバイバルした椅子です。
ふかふかのソファと肘掛があり、何時間座っても疲れない心地良さがあります。

その椅子が4つ、古民家に古くからあるイスを直したものが2つあります。

この椅子に腰かけて、ゆっくりと本を読むも良し、お喋りに花を咲かせるも良し、素敵な時間をお過ごしください。

木製家具とプロジェクター

DIYで作った壁一面の本棚。
古民家の寸法は、上下左右で長さが微妙に違います。家の歪みや、ハウスメーカーの画一的な作り(プレカット=工場生産)とは異なり大工さんの手作りのためにこうしたことが起こります。一枚の板を切っては調整して、切っては調整して。。この作業を何度も繰り返してようやく壁一面の本棚が完成しました。
棚には店主が集めた本が置いてあります。デザインの本、建築の本、猫の本、漫画。。いろんな種類の本が入り混じっています。
プロジェクターからは、200インチ【約2.5m×1.5m】の大迫力の映像が映し出され、まるで映画館にいるような臨場感が古民家の中で楽しめます。(毎週木曜日は映画の日にしようかなと考えています)
落ち着いているけどワクワクするような空間を是非体感してみて下さい。

Half image
Half image
Half image
Half image
Half image
Half image
Half image
Half image
Half image
Half image
Half image
Half image
Single large image